狛江市議会、新しい役職人事決まる

活動報告

5月17日、臨時議会が開かれ市議会の新しい役職人事が決まりました。
議長には石井功議員(自民・明政ク)、副議長には西村あつ子議員(日本共産党)、議会選出の監査委員には石川和広議員(公明党)が就任しました。また日本共産党の田中とも子議員が社会常任委員長に、宮坂良子議員が総務文教常任委員会副委員長に、私、鈴木えつおは、議会運営委員会副委員長に就任しました。
議会人事について日本共産党は、憲法の国民主権の原則をふまえ、各会派の議席数に応じた民主的な役職配分を行うよう求めてきました。自民党・明政ク幹事長が示した人事案は、全体的として民主的配分を実現するものでしたが、多摩川衛生組合議員など一部事務組合議員は5人のうち3人を自民・明政クが占めるもので民主的とは言えないものでした。そのため私たちはその是正を求めてきましたが入れられず課題を残しました。
多摩川B52019.5.17 131議会人事

2019.5.17正副議長・.監査委員・委員会所属表01.05.17

2019.5.17一部事務組合外01.05.17