吉良よし子参院議員、志位和夫委員長が演説、八王子駅

活動報告

5月18日、八王子駅北口で吉良よし子参院議員、志位和夫委員長が街頭演説を行い、通りがかりの人々も含め大勢の人々が耳を傾けました。吉良よし子参院議員は、ブラック企業の根絶や奨学金制度の充実など、この間とりくんできた活動を報告、国民の痛みに寄り添わない安倍政権を退場させ、暮らしと平和を守る新しい政治実現のためにがんばる決意を述べました。また志位委員長は、参院選挙に臨む、日本共産党の政策を語り、消費税10%増税を中止し、8時間働けば普通に暮らせる社会、高すぎる国保税の引き下げや低すぎる年金の底上げなど社会保障の充実、お金の心配なく学び子育てできる社会など、暮らしを守る3つの政策実現に全力をあげること、またこれに必要な財源を、富裕層や大企業に応分の負担を求めて確保する政策を訴えました。また憲法9条を守り北東アジアの平和共同体づくり、核兵器禁止条約を日本政府が署名するよう求めるとりくみなど訴えました。
八王子はしばらくぶりでしたが、JRの駅は大勢の人が行き交い、立川と同じような(それ以上?)賑わいを感じました。和泉多摩川駅から登戸→立川→八王子の順路で行きましたが、約50分の道のりでした。一緒に行った猪方のUさんが八王子の出身だったので、住んでいた地域のことなど、いろいろ話を伺いました。