学校体育館へのエアコン、全校設置へ-狛江市

活動報告

学校の体育館へのエアコン設置について18日の本会議で、総務部長は「今年度は第一小学校、令和2年に中学校3校(一中、三中、四中)と三小、令和3年度に五小、六小、和泉小に設置する」と答え、市内全校の体育館にエアコンが設置されることになりました(二中と緑野小は設置済み)。日本共産党の西村あつ子議員の質問に答えたもの。国や都補助等を活用することで、市の負担を軽減しすすめられます。
学校の体育館へのエアコン設置については、昨年夏の西日本集中豪雨などによる災害で、猛暑の中、エアコンのない体育館で避難生活を送らざるを得ない方々が数多くでて、避難場所となる学校の体育館へのエアコン設置が全国的な課題となっていました。日本共産党は国会、都議会、市議会でそれぞれエアコン設置を要求、国や都から市町村に補助等が出るようになり、今年3月の市議会では、岡村しん議員が、国や都の補助等を活用すれば、一校あたり平均690万円で設置できるとして、全校設置を求めていました。