ご挨拶

平和な社会をつくりたい―これが私の原点です
 隅田川流れる下町で東京大空襲を体験した祖母は、戦火から命がけで子どもを守り、戦後を生き抜きました。
 母は、避難をしていた学校が爆弾の直撃を受け、多くの同級生を失ったことや、グラマン戦闘機から機銃掃射を受けた時にはパイロットの顔がはっきり見えたこと、多くの遺体を見てきたことなど恐ろしい戦争体験を何度も話してくれました。
 「悲惨な戦争だけは二度と起こしてはいけない」―子どものころ、繰り返し聞かされました。
 その戦争に命がけで反対を貫いた人たちがいた。それが日本共産党員だと知ったのは高校2年生の時です。今でもその時の衝撃は忘れられません。
 「この人たちと一緒に平和な日本をつくっていきたい」これが日本共産党員としての私の原点です。

略歴

はたの昭彦

◆1963年3月生まれ、55歳。
◆東部保育園、弘道小学校、足立第11中、青井高校、東京土建足立支部元副委員長。
◆区議2期8年。 
◆大手ゼネコンの建設現場、医療・介護の現場で働く。命がけで戦争反対を貫いた日本共産党の姿に共感し、18歳で入党。
◆家族は妻と猫5匹(内4匹は保護猫)

議会での役職等

◆区議団幹事長 
◆区民委員会副委員長 
◆エリアデザイン調査特別委員
◆議会運営委員
◆地下鉄8号線誘致促進議員連盟副会長
◆足立区国民健康保険運営協議会委員
◆足立区交通政策改定協議会委員
◆足立区生涯学習公社評議員

はたの昭彦の8年間 区民の願いに寄り添い
実現するまであきらめずたくさんの前進をつくりました

各分野の願い実現へ

私は、区議団幹事長として区民の声を出発点に、各分野の願い実現目指し繰り返し提案を行う中で、大きな前進を勝ち取ってきました。

●認可保育所42園増設
●全小中学校教室のエアコン設置
●学校トイレの洋便器化等の改善
●聞こえる防災無線84か所新設
●避難所(学校体育館)のエアコン設置
●危険なブロック塀の緊急対策
●家具転倒防止金物取付助成の拡充
●区役所で猫の譲渡会を開催
●知的障害4度の方への福祉手当支給
●宿泊機能のない福祉施設職員への家賃補助
●綾瀬駅東口エレベーター設置
●住宅の除却助成制度の創設
●原爆被爆者へ見舞金を支給

毎年メトロと直接交渉

北綾瀬駅の改善つぎつぎと

東京メトロに毎年、住民要望を届けています。メトロは当初増発に否定的でしたが、あきらめずに生の声を真っすぐ届ける中で態度を変化させ、平成24年、26年のダイヤ改正では大幅増発を実現しました。さらに2019年3月には10両編成・直通運転も始まり、環7北側の改札の新設や高架下商店街の整備も行われます。

ゆーゆー湯入浴証

「ゆーゆー湯」入浴証が使える銭湯がなくなってしまった中川地域の住民から「隣接の葛飾区で使えないか」と相談を受け「一緒に署名を集め議会に陳情を出しましょう」と提案。当初動きのにぶかった区に「区の姿勢は不誠実すぎる!」と強く迫りました。その結果、来年4月から葛飾区の銭湯2カ所で使え見通しを区が示しました。

交通空白解消へ

コミバス「はるかぜ」実現へ 積極提案

 「大谷田、中川などにはるかぜを」は地域の切実な願いです。区の計画にも位置付けられたのに実現しない原因は、自民党の議員などがバス事業者への財政支援をすべて否定してきたことにあります。
 私は、足立区総合交通計画改定協議会委員として、交通空白解消のため、事業者への財政支援を提案。さらにそのための法的根拠となる条例案も議会に提案しました。今では「財政支援が必要」との意見は他党も含め多数派になりました。
 何としても実現するため力を尽くします。