赤ちゃんからおとしよりまで
もっと住みよく やさしい千代田区政に

財源はあります。
区の基金は2017年度末で1140億円。
区民1人あたり185万円で23区1位。
2位の港区が59万円ですから突出しています。

子どもの遊び場をふやします

 「どろんこ遊びしたいな」「千代田区にプレイパークがあれば…」この声にこたえ、公有地などを活用し、ボール遊びのできる遊び場をつくります。子どもの遊び場条例を強力に推進する体制をつくります。

国民健康保険料の負担を大幅に減らします

 千代田区では、2018年度に続き19年度も国民健康保険料が9割の世帯で引き下げられます。しかし、まだまだ高額です。さらに負担を減らします。

待機児ゼロへ 区立保育園、認可保育園をふやします

 認可保育所がふえていますが、まだ足りません。さらに認可保育所をふやすとともに、区立保育園の整備に足を踏みだす時です。

75歳以上の医療保険料値上げストップ 窓口負担を減らします

 今年10月から75歳以上の医療保険料の軽減措置が段階的に廃止されます。千代田区では、約1600人の保険料が2~3倍に増えます。保険料値上げストップと区独自の窓口負担軽減策を進めます。