ご挨拶

 「区民の声を区政に届け、区民とともに区政を動かす」。これまで貫いてきた私の信条です。
 いま、認可保育園や学童保育の増設、がん検診の無料化、特養ホーム増設など、一歩一歩、区政が動いています。
 私は、これからも、子育て世代から高齢者まで、誰もが住みよい千代田区へ全力を尽くします。

主な活動地域

神田猿楽町、神田駿河台、神田錦町、神田小川町、神田美土代町、内神田、神田司町2丁目、神田多町2丁目、神田淡路町、神田須田町、外神田、鍛冶町1、2丁目、神田鍛冶町3丁目、神田紺屋町、神田北乗物町、神田富山町、神田美倉町、岩本町、神田西福田町、神田東松下町、神田東紺屋町、神田岩本町、東神田、神田和泉町、神田佐久間町、神田佐久間河岸、神田平河町、神田松永町、神田花岡町、神田練塀町、神田相生町

略歴

牛尾こうじろう

1971年 福岡市生まれ
1992年 日本共産党に入党
1994年 東京ビジュアルアーツ卒
1995年 日本共産党千代田地区委員会勤務
2009年 東京都議選に立候補
2011年 千代田区議選に立候補
2015年 千代田区議選で初当選
現在、地域文教委員会副委員長、オリンピック・パラリンピック対策特別委員会委員、災害時要配慮者等対策特別委員会委員

弱い者いじめ、不正義は許せない!~牛尾こうじろうのあゆみ

「悪いことは悪いと言える人間になりたい」(小学校の卒業文集)
 私は、日本共産党員の両親のもとに育ちました。そのため、小さい頃から父に連れられて、原水爆禁止世界大会などいろいろな集会に参加しました。小学生の時に長崎の原爆資料館の展示に衝撃を受けました。この体験もあり、授業の作文に「原爆が恐ろしいのではなく原爆をつくる人間が恐ろしいと思う」と書きました。
 自分もいじめられていたので、同級生の女の子へのいじめには強い怒りを持ちました。「悪いことは悪いと言える人間になりたい」と書いた卒業文集は今も手元にあります。この頃に、「弱い者が理由もなく虐げられるのは許せない。困っている人を見過ごせない」という根っこができたのかなと思っています。

特養ホーム建設、高齢者の医療費無料化求める署名運動

 千代田区に最初の特養ホーム建設を求める運動に参加してきました。その後、神田地域に特ホームを求める運動にも。おとしよりの声にこたえて、75歳以上の医療費無料化の署名運動にも参加してきました。

地下鉄駅のバリアフリー化

 地下鉄半蔵門駅や淡路町駅、神保町駅、末広町駅のバリアフリー化を求める署名運動にとりくみ、東京メトロへも党区議団と申し入れ。半蔵門駅で実現。淡路町駅、末広町駅も実現することになりました。

3人の娘の父親としてー初質問で「真の待機児ゼロ」を求める

保育料、保育園の増設など、もっと子育て応援の区政を
 私自身、子育てを社会が支えることの大切さを実感しています。とくに福島第一原発事故以降は、お母さん、お父さんの声にこたえて公園の放射線量の測定にとりくみ、党区議団とも協力して、給食の放射線測定を区に要求し、実現させました。
 また、区への予算要望でB型肝炎ワクチンの助成や次世代育成住宅助成の継続を求めそれぞれ実現することになりました。

 2015年に区議会に送っていただき、次女が保育園に入れなかった経験をふまえ、区議会本会議で初質問。「国の定義では、千代田区は待機児ゼロ」という区に対して、認可保育園を希望して入れなかった子は253人(2015年)という実態を示し、真の待機児ゼロを求めました。認可保育園の増設や正規保育士の増員などを求める質問は、この4年間で6回。認可保育園は4園337人分増えています。

入学準備金の3月支給を実現

 母子世帯のお母さんから「入学前にたくさんお金がかかって大変」と相談が寄せられました。さっそく、入学準備金の創設(就学援助の3月支給)を区に求めました(2016年第2回定例会)。区は「7月支給にご理解を」との答弁でしたが、くりかえし実現を求めるなかで、2017年度から中学校で、19年度からは小学校で開始されました。

学童指導員の低すぎる給与を改善

 民間学童クラブを訪問した時に、学童指導員の給与が低く「何とかしてあげたい」と館長さんから切実な訴えがありました。私は、区議会で待遇改善を求めました(2018年第1回定例会)。その後、区は状況を調査し、2018年度から月額2万円が加算されることになりました。

お年寄りに心を寄せ 区営住宅を改善

 2017年4月から入居が始まった区営東松下町住宅。入居したお年寄りから「扉が重くて開けづらい」「ベランダに段差があって怖い」などの声が寄せられました。私は18年第3回定例会や決算委員会でこれらの声を紹介して訴え、改善が進みました。

子ども医療費の無料化

 2006年に党区議団が「中学3年生までの医療費を無料にする」条例案を提案。党区議団と父母のみなさんといっしょに、私も署名運動にとりくみました。区民の運動が大きく発展するなかで、今では高校3年まで医療費は無料化になりました。