私の決意

私は七期・28年間の市議会議員の活動を後進に引き継ぎ、日本共産党の国分寺市委員長として、「くらしと平和を守ることが生涯の仕事」と12年間、活動してきました。
 安倍首相はウソとゴマカシを繰り返し、国会の多数を頼んで憲法9条改憲、軍事大国へと暴走しようとしています。
 国分寺市政でも自民・公明党は、国保税や介護保険料の値上げなど負担増やサービスを切り捨てる一方、市長の給与100万円アップを容認するありさまです。
 私は、日本と国分寺の未来にとって大きな曲がり角にたっている今、いてもたってもいられず、多くの方に励まされて、再び市議会に挑戦する決意をいたしました。
 私は市政にかかわって40年の経験をいかし、とことん市民の声を市政に届け、全力でがんばります。皆様のご支援を心からお願いいたします。