「つどい」をご自宅で

子ども・子育て・保育安心して暮らせるまち活動報告

 

先週、地域の後援会のみなさんが主催した「つどい」に参加してきました!

(「つどい」って、共産党用語?集まって政治や社会のことをお喋りしたり、共産党を知ってもらうための集まりです。)

私と金子けんたろう区議を含め、10人で地域の問題や区政について2時間ほど語り合いました!

お向かいさんや、「おすすめの映画のチラシを忘れたから、家に取りに行ってきます!」とか、みなさん、本当にご近所さんで(笑)

写真は、みんなで書いた杉並の「好きなところ」と、「要望したいこと」。

一部を紹介しますと、

 

「好きなところ」では・・・

●交通の便が良い。渋谷、新宿、吉祥寺などに出やすい

●図書館や学校が近くにあり、子どもたちの声が聞こえること

●ご近所が穏やかで安心して暮らせる、気取りのないところ

●小・中・高と子育てしやすかった

 

「要望したいこと」では・・・

●裏道なのに、車の通りが多い

●区役所の出張所が、何の説明もなく無くなってしまった

●他区に比べて美術館や文学館などが地味?土台はあるのに

●街路樹を大切に、乱開発でみどりを無くさないで!

 

このような住民のみなさんの要求も聞けて、とても勉強になります。

様々な方々と「つどい」を区内で無数に計画し、野垣あきこと日本共産党を知ってもらいたいと思います。

参加していただいたみなさん、本当にありがとうございました!