アベハヤメロ!

安心して暮らせるまち杉並区

 

昨日の国会前には、なんと!5万人が集まり「安倍退陣!」の声をあげました!

写真は今日15日付のしんぶん赤旗の一面の報道。

杉並区内で宣伝や3000万人署名をしていても、安倍政権に対する怒りがけっこう寄せられます。

なので、スピーチでは国政のことも入れて話すようにしています。

知人からは「今の国会があんなんだから、共産党はチャンスだよ!」なんて言われたりします。

実は、安倍政治と同じような事が杉並区政でも行われています。

杉並の田中区長による政治の私物化。

いまどき政治資金パーティでお金集めをしたり、公用車をタクシー代わりに使ったり。

区民の生活がこんなに大変なときに、区民の気持ちがわからない区長に怒りの声が広がっています。

区長選挙も、区議補選も6月24日に行われる予定です。

今日、「みんなでつながる住民自治のまち すぎなみの会」が、この区長選挙の候補者のキックオフ集会を開き、260人が参加しました。

候補者は三浦ゆうやさん。無所属、34歳の弁護士さんです。

政治を私物化し、区立施設をぶっ潰しまくりの田中区長に変わる、新しい区政を作りたいですよね。