吉良節が杉並でも炸裂!レイシスト議員は辞職を!

安心して暮らせるまち活動報告

寝苦しい夜が続いていましたが、今朝は涼しかったですね!

昨日は、原田あきら都議事務所主催の「都区政報告&納涼会」に参加し、司会を務めさせていただきました!

 

参議院議員の吉良よしこさんも駆けつけてくれ、国政について語ってもらいました。

LGBT問題を巡って、差別発言をした自民党の杉田水脈衆議院議員の辞職を求める!

と強く語っていました。

他にも、働き方改革の審議中に、過労死遺族のみなさんが過労死で亡くなった労働者の遺影を持って傍聴していたのに、与党議員は目もくれず賛成討論をしていることなどを話してくれました。

やっぱり、来年の参議院選では、吉良さんをふたたび国会に送らねば!と実感する内容でした。

そして、上記の杉田議員の暴言は、LGBT当事者だけでなく、多くの女性や国民を傷つける、あるまじき人権侵害発言です。ネット上でも批判が殺到しているとのこと。当たり前ですよね!

この後、原田あきら都議からは東京都政の問題(築地市場、岸記念体育館など)を、山田耕平区議からは杉並区政の問題(国保料減免の条例提案など)を報告。

また、飛び入り!?でしんぶん赤旗の記者さんたちが、JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞を受賞したこと、「スクープはこう見つかっていく!」というこぼれ話をしてくれました!

その後は、フラダンスの披露や、みんなで「うたごえ」も楽しみました。

なんと、今回は80名を超える参加者(すごい!)で盛り上がった都区政報告会&納涼会。

参加されたみなさん、本当にありがとうございました!