子育てタウンミーティングを開催しました!

安心して暮らせるまち活動報告

4月7日(日)本天沼区民集会所で、杉並JCPサポーターズのみなさんと一緒に「子育てタウンミーティング」を行いました!

子育て中のパパママ、保育士さん、地域住民の方など13名が参加。

最初に、知り合いの女優さんが「ベロだしチョンマ」の朗読をしてくれました。これは、江戸時代に年貢に苦しめられた農民の話。私も小学生のときに読んだことを思い出しました。

私からは、この春の保育所待機児や区立施設再編整備計画で児童館が廃止されている実態、安倍政権のすすめる「幼児教育の無償化」の内容を、資料も使ってお話ししました。

参加者からは「放課後等居場所事業って何?」「東原児童館の廃止は困ります!」「区立保育園の民営化でどんなデメリットがあるのか?」等発言や質問が相次ぎ、保育や子育て問題について交流しました。

最後に「児童館廃止をストップさせるためにも、オール与党(杉並区議会では立憲民主党や社民党、生活者ネットワークなども自民公明と一緒になって児童館廃止に賛成しています)の区議会を変えていきたい。保育の現場のリアルな声を届けられるのは私だけ。ぜひとも区政に送り出してください。」とうったえました。

時間が足りなくなるくらいに盛り上がり、東原児童館地域の交流や「選挙後にまたこういう集まりをやって欲しい」という要望も出され、JCPサポーターズの作った給食費補助条例のフライヤーも好評でした。

参加されたみなさん、杉並JCPサポーターズのみなさん、お疲れ様でした!次回の子育てタウンミーティングの日程が決まりましたら、またお知らせしますので、よろしくお願いいたします。