放課後カフェに行ってきました。

 5月20日は仙台で西東京市の放課後カフェの取組を知り、ぜひ見学したいということで私に連絡を下さった仙台市議の高見のり子さんと一緒に青嵐中学校のブックカフェを見学させていただきました。

ブックカフェとは青嵐中学校の図書室で地域の民生委員さんなどが放課後に中学生にカルピスやポカリスウェット、コーヒー、ココアなどを飲んでもらって一休みしてもらう居場所活動です。
市内では9校中7校が放課後カフェをやっており、育成会やPTAがやっているところもあります。

放課後に部活に行く中学生がやって来て、入れ替わり立ち替わりでカルピスやアイスココア、レモンティーなどをもらって飲んでいました。
部活のない子はゆっくり図書室の本を読んだり、勉強をしたりとのんびり過ごしていました。
基本は週1回開催だそうですが「毎週やってください」と言う子もいました。
途中で中学生が部活動をしているグラウンドに出張で紙コップを持って配りに行きました。

はじめは遠慮がちに飲んでいましたが、「どんどん飲んで」と勧めるとお代わりをする子も。

3時半から5時半までの2時間で100人以上の子どもたちが立ち寄ってカルピスなどを飲んで行きました。

初々しい1年生から体の大きな3年生くらいの子もいましたが、どの子も礼儀正しく、きちんと「ありがとうございました」と言って帰っていきました。
民生委員さんも10名以上参加され、中学生とのふれあいを楽しそうにしていました。
中学校にこんなホッとする場があって、地域の方の見守りがあるのはありがたいですね。