ご挨拶

私は「子ども・高齢者・障がい者にやさしいまちへ」「多様性を認め合うまちへ」をスローガンに、一貫して弱い立場の方の思いを市議会に届けて参りました。
子ども・高齢者・障がい者にやさしいまちはすべての人にやさしいまちです。
また、誰もがその人らしさを認め合えるまちにしたいとLGBT等の方の権利を求めてきました。
いつでも、女性、母親、市民の目線で皆様の声を議会へ届けます。ご支援をよろしくお願いいたします。

略歴

大竹あつ子

1969年生まれ 
所沢市にて学童保育指導員として勤務。
保育士動員時代に、子どもたちのことや指導員の待遇など最も力になってくれたのが日本共産党市議でした。
その後結婚し、子育てや介護をしながら、もっと子どもや高齢者が暮らしやすい社会にしたいと日本共産党に入党。
東小学校保護者の会副会長、会長を歴任。
2014年に安斉慎一郎市議の後継として市議会議員に当選。
現在、西東京市議会議員2期目
LGBT自治体議員連盟所属
家族は夫と高校2年の息子と猫2匹。
趣味は映画鑑賞と読書 
好きな映画は「A.I」「レ・ミゼラブル」
愛読書は森絵都の「カラフル」

ブログは「大竹あつ子のにこにこブログ」で検索