地域の足となる コミュニティバスの実現を!

地域の足となる コミュニティバスの実現を! 「バスがない。タクシーも来ない」「雨が降ったら(歩いては)病院にいけない」「足が悪いので、買い物代行を頼んだら、ひとつ280円のトマトが届いてびっくり」と、切実な声が寄せられました。 地域のみなさんと、コミュニティバスを求める署名を訴えると、次々と集まりました。区役所や日大病院、長寿医療センターなどを結ぶコミュニティバスを求める要求の強さを実感しました。 ひきつづき住民のみなさんと調査活動を進め、様々な可能性を追求して実現させたいです。

認可保育園の増設を!

わたしの子どもも、待機児童でした。妊娠で仕事がなくなり、専業主婦だったので保育園なんて夢のまた夢でした。家庭福祉員さんに預けることができ、なんとか認可保育園へ。 誰もが希望する時期に保育園に預け仕事ができるように、保育園で十分な保育を受けられるように、いのちが守られ、ひとりひとりが大切にされる保育園を増やします。

思いきり外あそびができるプレーパークをつくります。

練馬区や豊島区には子どもたちが泥んこになって、思っ切り遊ぶ「プレーパーク」がありますが板橋区にはまだありません。子どもたちの成長に、「遊び場」は欠かせません!外あそびができるプレーパークを開設します。