一般質問を行いました(4)高島平グランドデザイン

活動報告

11月27日、区議会第4回定例会で一般質問を行いました。

「4.高島平グランドデザイン」の質問全文は、以下の通りです。

答弁は、議事録公開後、ご報告します。

最後に、高島平グランドデザインについて質問します。

高島平のまちづくりは、2007年の高七小閉校以来、その跡地活用を中心に、シニア活動センター構想からグランドデザイン策定へ、さらに「高島平地域都市再生実施計画」の策定という状況に、住民からは「いったい何が進んだのか全く分からない」という声が寄せられています。2022年の実施計画策定に向けて、分譲団地などへアンケートが行われたものの、その結果も計画の検討過程すら公表されず、住民参加の計画づくりとは言えません。

11月5日の区都市計画審議会において、

Q19.「東京都 都市計画 都市再開発の方針」改訂に「高島平2・3丁目」を「再開発促進地区」として「新規」で盛り込むことが報告されました。方針は5年程度で改訂時期を設けていますが、今後5年間でこの地域の具体的な「地区計画」が示されるのでしょうか。高島平2・3丁目における「地区計画」に関わるスケジュールをお答えください。

 

「東京都 都市計画 都市再開発の方針」の改訂は、来年1月中旬の区都市計画審議会に諮問され、下旬には東京都へ意見を提出する予定です。しかし、区として住民に何の説明もなく、住民の知らない間にこうした計画が進められること自体が住民の不信感を生みかねません。

 

Q20.「高島平2・3丁目の地区計画」を「東京都 都市計画 都市再開発の方針」に盛り込む前に、地域住民に説明をするべきです。区長の見解をお示しください。

 

「高島平地域都市再生実施計画」では、UR賃貸住宅の建替えも踏まえた検討を行っています。建て替えによって、今でも高い家賃がさらに値上がる事へ不安の声が上がっています。

Q21.URが高島平2・3丁目の居住者に対して行ったアンケート結果では、団地再生に関して、「低所得者が住み続けられなくなるのなら計画には反対」「居住者の家賃などがどうなるのか早期に提示してほしい」などが寄せられています。区としてURに対し家賃が上昇しないよう求めるべきと考えます。区長の見解をお示しください。

 

高島平グランドデザインは、2015年に策定されました。

 

Q22.旧高七小を中心とする公共施設などの整備計画について、グランドデザイン策定当時「現状の工事費では事業が成立しない」と示した状況は、いま、どう変化しているのかお答えください。また、公共施設は、「2024年度中に新施設開設」としていたスケジュールはどうなるのかお示しください。

 

以上で、私の一般質問を終わります。