白山上・傾斜ある角地の安全対策を

白山上 傾斜ある角地の安全対策を…

白山上で中山道や旧白山通りが交差する「五差路」の一角を占める公衆トイレ横の傾斜のある角地(白山一丁目)で8月、自転車利用の方が転倒・横転する事故が発生しました。

被害に遭った方から金子区議に「救助・介抱してくれた方が『ここは危ない』『よく事故がある』と言っていたので安全対策を」と要請がありました。

これを受け、金子区議が調べると横転したエリアは国道と判明。そこで宮本徹衆院議員室を通じ9月29日、金子区議は国土交通省東京国道事務所を訪ね、文書と写真を示し安全対策を要請。併せて区が管理するトイレのエリアの植栽につなげて、国道の半円形の部分にも低木を植栽すれば転倒しても、縁石や地面に落下するのを防げるのではと提案しました。対応した松澤尚利副所長は「鉄の棒の撤去と縁石内側へ土を入れ整地」することは直ぐやりたいと応対し、現地確認した上で、何らかの安全対策を検討し、実施したら報告すると回答しました。要請後、鉄の棒撤去と整地が行われました。金子区議はこの対策が早期実施されるよう国へ求めていきます。

(写真上) 8月下旬撮影した、事故当時の現場の様子。白山の生協側から公衆トイレ側に信号を渡った所の歩道は傾斜があり、ここで転倒事故が発生しました。 角地突端の半円部は国が管理する敷地で、その奥の植栽部は区が都有地を借りトイレと植栽を設置している。 半円部の縁石内側は土が少なく、鉄の棒が3本(下写真)地面に刺さっていました。この半円部の左側歩道に差し掛かったところで、右半身から転倒。非常に危険です。

10/1撮影 鉄の棒3本が撤去され土を入れ整地が行われました。