自公の「暴政」から区民をまもる区政を

こんにちは。
日本共産党台東区議会議員・党区議団長の、あきま洋(秋間ひろし)です。

菅首相が退陣を表明し、間もなく新たな自民党総裁と新総理が決まるでしょう。しかし、安倍・菅政治を反省する気持ちのない人ばかり。だれが首相の座に就いても、科学に基づくコロナ対策をすすめ、金権腐敗・権力私物化の構造を転換することはできないでしょう。

目前の総選挙で、なんとしても市民と野党の共同の力で政権を奪取し、いのちをなにより大切にする希望ある政治を実現しましょう。

いま私たち日本共産党台東区議団に寄せられているのは、「売上が激減し店をたたもうかどうかと苦慮している」「仕事がなくなり、どう暮らしていったらいいかわからない」「感染が怖くて子どもを学校に登校させられない」・・・など、区民の深刻な声ばかりです。区議団は、コロナが国内で発覚した昨年1月末から10回にわたる要望書を区長・教育長に提出し、区民のみなさんの切実な声を届けています。いまが正念場です。全力をあげます。

野党共闘を強めるためにも、日本共産党そのものを強く大きくするため全力をあげます。比例では日本共産党。力をください!

よろしくお願いいたします。